©Technowork Ltd. All rights reserved.

有限会社テクノワーク 一級建築士事務所(ニ-1585)

〒527-0145 滋賀県東近江市北坂町635-1   TEL 0749 - 46 - 8125   FAX 0749 - 46 - 8105

お問合せ・メッセージはこちらから

■時代の先々を見通す

 高度成長期からバブル最盛期にかけて、新しい建造物が次々とつくられ、日本は都市から田舎まで建物や土木構造物で埋め尽くされてきました。

 見た目にカッコよい設計や、少しでも経済的・効率的な材料・工法がもてはやされる中、一級建築士事務所である我が社では、世代を超えて住み手に愛され続ける家づくりを続けてきました。施工から数十年経って家族構成や世帯主が変わっても暮らしやすく、丈夫で安心して住めると、今も感謝の声をいただいています。

■大量生産・大量廃棄からの脱却

 ところが現在、住宅でも大型施設でも、極端な効率化とスピード化が進み、建設時に大量のゴミを発生させるだけでなく、20~30年後には解体して建て直すスクラップ&ビルドの繰り返しによって業界の経済を成り立たせるしくみが成り立ってしまいました

 一方、家を建てる施主の方も、共働きで生きるのに懸命なためか、将来の夢や希望を語り合いながら一緒に「家づくり」を楽しむゆとりがもてなくなり、より安い・早い家を「選んで買う」だけの人が増えているように感じます。

■そこにあるものを「再生して活かす」時代へ

 そして今、時代は人口減少社会へ。

 

 新しくつくり続ける時代は終わり、次々と耐用年数を迎える建築物・建造物を、未来に資する形で維持・更新・再利用していくための知恵と技術が求められています。

 

 同時に、地域の環境や社会構造も時代とともに大きく変容してきており、多様な視野から今あるものの価値を再評価し、的確に再生して活かすことができる「地域再生の設計士」が求められている、と確信しています。

【出典】総務省 平成28年度情報通信白書